読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分のFragmentをGatherするJourneyへ出よう♪♪

自分の日常、好きな物、好きな事をBlogに残す

LOLに出会って1年と少し…

 

飽き性で続かないB型な私ですが、自分の中で結構長く続いてるなぁというゲームがあります。

League of LegendsLOLという対人PCゲー、このゲームに熱中してからもう1年とちょっと経つんですよね。

 

時の流れは早いもので、振り返ってみると自分にとって随分と色んな事がありました。

大きく分けて2つ。

 1つ目は

  • 睡眠不足

2つ目は

  • 病気

この2つです。

 

 

睡眠不足」に説明は要りませんね。

とても熱中してしまい睡眠時間を削られました。

今でこそだいぶ落ち着いているので、1年前程プレイしているわけではありませんが、始めた当初は3時間睡眠なんてザラだったんですよね。

その睡眠時間の状態で仕事から帰宅後にまた始める、その繰り返しで全然寝てない日々が続きます。

そしてそれらの環境が2つ目の「病気」に直結するわけですけど、とても厄介な「病気」に侵されてしまいました。

去年の秋ぐらいだったかな…帯状疱疹という病気になったんですよね。

全ての理由がLOLというわけではないんです。

この流れだと全てLOLが悪い!!って聞こえますけど、仕事のストレスや日々生きてるだけで感じる小さなストレス、肉体的疲労も重なっての事ですね。

私自身ストレスを感じ易い体質というのもあるせいか、突然発症しました。

どんな病気か気になる方がいたらggってみてくださいw

なかなかエゲツない病気です(つд⊂)

考えてみればそれを機にゲームから距離を置いた気がします。

LOLは対人とだけあり勝負の世界勝敗を懸けて戦うゲームなので大なり小なり常に悔しさが付き纏います。

自分に対して思い通りに事が運べなかった時の憤り、やられてしまった時の悔しさなどなど、勝っても負けても一試合一試合、それぞれ常に悔しさが横で笑いかけてきます。

その悔しさこそがきっとストレスを生み出すんだと思います。

ただ当然、LOLにあるのはそんなストレスに囲われた苦行だけではありません。

事が上手く運べてチームが勝利した時の喜び、達成感はなんとも格別なモノです。

一種のスポーツみたいなものですね。

その感覚が忘れられず、半ば中毒にも似た症状を背負いストレスにも負けずに試合を重ねていくわけですw